管理人りきちの学習塾で人気の特別講座。

特別講座(オプション)でも利益をあげ、学習塾の経営を安定させる。

学習塾を経営する場合、収入の基本は月々の授業料(月謝)になります。生徒数さえ集めれば毎月定期的に入ってくるので、これは非常にありがたい。

しかし生活スタイルや身の回りの状況が変わり、もう少し実入りが欲しい…となることもあるでしょう。欲の出し過ぎはよくないですが、まぁ多少はねぇ。

とはいえ、教室のキャパシティ的にこれ以上は生徒は増やせない。かといって月謝を増額のはまだ時期尚早かも。

であれば、普段の授業の他に、任意参加の特別講座(オプション講座)を実施しましょう。需要がある講座を用意できれば、参加希望者は結構いるもんです。

りきち
単価4000円の講座に10人くれば40000円です。皮算用ですけど、悪くはないでしょう。

気をつけたいのが、特別講座はあくまで追加講座であるということ。

“普段の授業では時間やカリキュラムの関係で実施できないこと”を講座として作るのはもちろんのこと、

何より通常授業で十分な成果をあげていることが前提になります。

そうでないのに特別講座のお知らせばかり出していたら、

保護者
成績もあがらないし、この先生お金を取ることしか考えてないんじゃ…?

実際、ろくな印象を与えません。

せっかく旅行に申し込んだのに、現地に着いてからすぐ観光ツアーに別途お金がかかります言われたらイラッときますよね(経験談)。事前によく読まなかった私が悪いですが。

申し込んだ旅行でしっかり楽しませてくれていれば、追加のツアーはどうかと言われてもまた話はちがったでしょう。これだけ楽しいのなら他のも楽しいはず、となりますから。

なので普段の授業での満足度が高いのであれば、追加で特別講座を考えてみてはいかがでしょう。他とはちがった動きができれば、いい宣伝になります。

管理人りきちの学習塾で人気の特別講座を紹介。

せっかくなので、私の学習塾で実施している特別講座を紹介していきます。開業からいろいろやって、現在でも人気の講座達です。これからも思いついたのはやっていくつもりです。

どれも共通して言えるのは “みんなが頑張っている環境だから自分も頑張れる” というのがあると思います。小中学生じゃ、家で自制するのは難しいですからね。

また私の学習塾では、生徒や保護者から“こんなのあったらいいな”を随時募集しています。やるやらないは内容によりますけど、その結果できた講座もあります。

りきち
需要は地域毎に少しずつ異なると思いますので、生のお客様の声は貴重ですよ。

参加費用は大体4000~5000円くらい。参加者が多い講座では20人くらい集まるので、講座が終わったあとはちょっと良いご飯が食べられます。

よかったら参考にしてください。

あ、ちなみに講座のタイトルは適当です。

小学生限定!夏休みの宿題を一気に片付けよう!

一番人気の講座がコレ。夏期講習に入る前の土曜日か日曜日に実施。

希望制なのに、小学生のほとんどが毎年参加します。

内容は文字通り、夏休みの課題ワークを一気に進めてしまおうという講座。

それだけではなく、宿題の丸付けまで私がやります。これが非常に保護者の方に評判がいい。

小学生の夏休みの宿題って、保護者の方が○つけることが多いと思います。

これが何気に非常にめんどくさいんです。子ども達は夏休みでしょうが、大人は普通に仕事だし。疲れて帰ってきて採点したら×ばっかで…小言のひとつも言いたくなる。保護者も大変でしょう。

なので、その負担を少しでも減らそうという試み。子ども達はわからないところがすぐ解決できて、こちらも生徒の苦手な部分を確認できる、ウインウインウインです。

お弁当持ち込みで丸一日やります。少し高めの料金設定でもみんな来てくれます。おすすめですよ。

りきち
進み具合によっては全部終わらない子もいますが、夏休みの初期に結構課題を進められるので有意義な夏をすごせるんじゃないかなぁ。

テスト範囲が出たら、即座に提出物を片付ける!

こちらは中学生用。定期テストのテスト範囲がでたら、提出物を一気に片付けてしまおうという講座。テスト範囲が出たあとすぐの土曜日か日曜日に実施(部活の状況による)。

テスト直前まで提出物が残ってて、それを終わらせることに残りの時間を費やしてしまう子向け

と思いきや、上位層の子も結構参加します。みんなが一気にやっちゃうなら自分も、ということでしょうか。やるべきことは早く片付けるに限りますからね。

課題が終われば、そのくり返しや別のテキストに時間を使えます。…当たり前のようで、これができる中学生がそう多くないのが現状。

りきち
もちろんまだ学校の授業が終わっていない範囲もあるので、特に英語数学は説明してあげてから解いてもらいます。予習にもなるしちょうどええです。

これも朝から夕方まで丸一日。あまり勉強が得意でない子も、丸一日やれば一科目は片付きます。その後、忘れる前に通常授業で復習しましょう。

この講座の欠点は、学校によって定期テストの日程がズレた場合は我々の休みがガンガン削られるということ。

お金もらうんでいいんですけど、ズレズレであまり連発するとちょっとしんどい…。

反対に、学区固定の学習塾ならやりやすいんじゃないでしょうかね。

学校行く前に塾!?早朝特訓!

学習塾の授業が学校が終わってから?そんなこと誰が決めたんだい?

学校へ行く前に塾へ来る。これ新鮮だねぇ。

朝練ならぬ、朝勉。私の学習塾ではテスト1週間前くらいからテスト当日までやってます。時間は6:30~7:50くらい。天気や行事などによって若干前後。

連日これだけ朝が早いと保護者の方も朝ご飯の支度が大変なので、教室にあんぱんと牛乳完備です。あんぱん片手に勉強です。おにぎりとお茶も。量が多いので、前もってコンビニに注文しておきます。

りきち
最近はアレルギー持ちの子も多いので、食べ物系のときはその点注意したいです。

とはいえ、毎朝コンビニ飯だと成長期的にあれだわ。大丈夫なときは朝ご飯食べてきてねと連絡しています。残りは私が食べればいい。

…講座費用の半分くらいはコンビニに消えてきます(泣)。あんぱんはともかく、おにぎりが高い。でも安いおにぎりだとあたりはずれがあるし…お弁当屋さんやパン屋さんも検討中。まぁ始めちゃった以上仕方ない。

何よりこれやってると宣伝効果があるんです。テレビ見ながら朝ご飯食べて朝学校に登校したら、友達がもう塾で勉強してきたっていうんですから。

また私の教室は通学路に近いので、朝に塾の教室から制服で出てくる生徒が登校する子達の目にも入ります。えっ?って感じでみんな驚きますよ。

それが保護者の耳に入る。その後が楽しみです。

一番のデメリットは我々の体力面です。夜の授業が終わって翌朝の準備して、寝て起きてまた授業ですぜ。

まぁ朝の授業が終われば日中休めますので、そこは気合いで乗り切りきる。

希望者多いですし、宣伝にもなるし、おすすめですよ。

読書感想文?書き方習って書いちゃおう!

季節休みの課題解消講座。読書感想文を片付けようという試みです。小学生向け。

ワーク系とちがい、作文の課題は書き方がわからないから最後の最後まで残ってしまう子が多いのです。

じゃあ、みんなで書いてしまおうぜ。

当日までに課題図書を軽く読んできてもらいます。そして、私特製のテンプレートプリントにひたすらブレインストーミング。何か思ったらひたすら書くんだ!

りきち
特製というと大げさですね…なぜその本を選んだのかとか、本のあらすじや印象に残ったシーン、読む前はどう思っていたか、読んだ後これからどうしようと思ったのかとか、そんな感じのワークシートです。

考えている最中に友達と話してもOK。

行き詰まったら私と禅問答みたいな話し合いです。

書くのはできなくても、口で言葉にするのは全員できますから。それをどう文章にするかアドバイスしていきます。

課題を手伝うのもそうですけど、問題を解く普段とはちがって感想を考えるので、それぞれの生徒の考えや意外な一面が見えたりして興味深いですよ。

テスト前だけ追加で通える!部停中にがんばろう!

私の学習塾は自立学習型なので、週に何コマ来ると決めてみんな教室へ来ます。

しかし、生徒によってはもっと通いたいのに部活動の練習が遅くまであって参加できないという子も。クラブチームや他の習い事との兼ね合いがある子もいます。

そんな子向けに、テスト前だけ通えるコマ数を増やしますという講座。講座というか、普段の授業の追加オプションですね。

りきち
やる前は月単位でコマ数を変えればいいんじゃ?と考えましたが、部活停止などで通えるようになるのが10日前とかそれくらいからなんです。月単位だとあまりが出ちゃってね。

普段通っている子のこともあるので、多少割高な金額設定にしています。

それでも結構な人数がこれ希望します。普段は課外活動もがんばって、テスト前は勉強に切り替えるというメリハリがついていいんですかね。

いつもより来る子が増えるということになるので、考えなしにやると席が足りなくなることもあり得るので注意。

朝から晩までの日帰り合宿!合宿って言いたいだけ。

学習塾によっては、勉強合宿なるものを実施する塾もあります。

寝食を共にして、朝から夜まで勉強するみたいな。中学3年生に多いですね。

生徒達預かって合宿ねぇ…正直言ってめんどくさい。すっごい大変そうだなぁ。

どうせ夜寝ないでしょあいつら。それで次の日も勉強とか、無理っ。寝ろ寝ろ言うために私が起きてなきゃならんし。

要は起きてから寝るまで勉強するってことでしょ。

じゃ、起きた朝に教室に来て勉強開始して、夜になったら解散でよくないか?という結論に至った次第であります。

そう、日帰り合宿です!やったね!

りきち
合“宿”とは…?となりますが、昼寝時間あるから申し訳程度の宿要素はあります。それでいいの。

朝8時くらいに教室に集合、お昼はお弁当持参(それかお弁当屋さんに注文)、30分くらい昼寝をはさんで、夕方6時くらいまで勉強です。

そのあとはみんなでピザ食べましょう。それくらいポケットマネーで出したるわい(アレルギー注意)。

着替えの準備とか、事前の説明会とか無しでできるので、保護者の方にとても評判がいいです。日帰り合宿。

保護者
あくまで合宿という講座名は変えないんですね(笑)。

りきち
ええ、合宿です合宿。本当の合宿やってる学習塾へのささやかな対抗意識です。

夜は家で寝る合宿。これは新しい。

受験生以外も巻き込んでやってみてはいかがでしょう。

実技科目もしっかり!筆記試験対策。

私の地域の受験では、本番の点数だけではなく成績表の評定も合否結果に関わってきます。

そこで重要になるのが、実技科目(音楽、美術、保健体育、技術家庭)の成績です。

りきち
中学校の科目が全部で9科目(国・社・数・理・英・音楽・美術・保体・技家)あって、うち4科目が実技科目。何気に結構なウエイトを占めます。

歌や絵、運動の得手不得手はあるでしょう。しかし紙の上では皆平等。ペーパーテストなら覚えればなんとかなります。

主要5科目とはちがい、実技科目の勉強って自分でばりばりやろうとはなりません。であればみんなでやろうという話。

一応塾用教材でも実技科目用のテキストがあります。…ですが、そこまでいらないと思う。

事前に生徒達に協力してもらって、学校のプリントやワークをコピーしておきます。それで我々が問題を作ればいい。一問一答式でもいいです。体感上それで十分ですよ。

りきち
もちろん事前に予習はしておきますが、実技科目は私もそこまで詳しくありません。なんだこれ?となったら生徒といっしょに教科書やiPadで調べています。
保健体育は男女でテスト範囲が異なります。なので多少手間がかかりますが、受験の結果にプラスになると考えてがんばりましょう。

テキスト一冊終わらせよう!そしてそれをもう一度。

主な対象は新中学3年生。実施時期は中学2年の春休み直前です。

文字通りテキストを一冊終わらせる講座。そして、次の授業(春期講習)からもう一度同じテキストを解いてもらいます。

そんなに厚いテキストではなく、40~50ページの薄めのもの。教材のカタログからいい感じのものを探しましょう。

この講座の目的は、理科or社会の総復習。1日ならどちらかひとつが限度かと。

中学3年生ともなれば、これまでの内容が範囲になる実力テストもたびたびあります。言うまでもなく受験になれば、全ての内容から出題されます。

できる子はいいんですよ。多少知識は蓄えてあるので対応ができますから。

きついのは普段のテストで平均点を割っている子達なんです。

これまでの学習内容があやふやでは、到底太刀打ちできません。過去問をやらせたってフリーズしてしまいます。特に理科社会なんて知っているかどうかですから。考えたってわかるわけない。

りきち
そのたび教えていては、時間がいくらあっても足りないです。他の子もいるんだし。

なので、中学3年生になる前に今までの内容をサーッと復習してしまおうぜというわけ。

で、次回からもう一度同じテキストを解いて記憶の定着を。

もちろんそれだけで完璧とはいきませんが、知識のかけらが頭に入っているだけでこちらが説明するときの労力が段違いなんです。

全部解くのがキツそうな子は、理科の計算などはすっ飛ばしてしまってもいいでしょう。最悪、単語系は答えを見ながらでもいいわ。“こんなんあったなぁ”でもいいと思います。

りきち
ガッツリ詰め込みなので本来の勉強の意義からはズレますが、成績あげるための前準備みたいなもんです。

中学3年生は部活動も佳境になり、テストは毎月のようにあるため、普段の授業ではそこまで復習ができません。春休みの次に時間がとれるのは夏休みです。なんと5ヶ月後。

なので、まだ中学2年生で時間がある春休みのうちに全体を塗り直しておくんです。ノータッチより全然いいですよ。じわじわ効いてきます。

半日で全部復習できるほど甘くはないので、丸一日かかることがデメリットでしょうか。丸一日で終わればいいな。仕方ないけど。

ちなみにテキスト2周目は1周目より早くできるので、春期講習の合間でいいと思います。生徒達も、前よりすらすら解けるのを実感するようです。

おすすめの記事